Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS)
まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS) (JUGEMレビュー »)
前田 敬子,岡 優太郎
みればみるほど、味わい深いのです。まこ!!




Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
My blog List
Links
Profile

某専門図書館職員。
まぬけかわいいものと
古本をこよなく愛する
ひよこ者。
さんぽ写真がだいすき。
よろしくどうぞう。
Others
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

まめ鳩日和

おさんぽ写真道楽。ひよころの毎日のちいさなたのしみ。
<< エラー…しゅんしゅん。 | main | やわらかことば。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
せきれい。ひよこを描く。


庄野潤三さんの『せきれい』を読んでいる。
あいかわらずの、幸福な夫婦の日常。
妻はピアノを弾き、夫はハーモニカを吹く。ハーモニカに合わせて妻が歌う。
バラやスミレ、庭にくる小鳥たち、子どもたちとたくさんの孫たち。
「よかった」「ありがとう」「おいしい」の声。

「ひとりよりふたり」のふたり。
悩み多きhidoo君。たまに悩み、大体はシアワセなひよころ。
hidoo君が、ひよころは一見ほんわかしてるけど、実はほんわかではない、という。くりっとしているという。くりっと…??
そしてノート(らくがき用)にひよこを描く。ひよころが描くひよこのまね。
でもhidoo君が描くほうがかわいい。ちょっとくやしい。

ひよころはよくほんわかと言っていただくことが多いので、自分はほんわかなのだと思っていました。だから「くりっと」という不思議なひょうげんが、なんだか新鮮でした。

ネットや読書に疲れたら、らくがきノートに、ペンで色々書いて遊ぶ。それが寝る前の愉しみ。
hidoo君がきれいな字で何やら文章を書いている。
ひよころはひよこをかく。たくさんたくさん、描く。
お互いに似顔絵をかいたりする。
似てなくて、笑ったり文句をいったりする。

いつか晩年の夫婦の幸福な日常につながればよいと思う。

ひとしきり描いて書いて、ねむりにつく。
横にいるひとが幸福であることを願う。






| 日記(2005/12まで) | 20:33 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |
な〜んか幸せな日常がこっちにまで伝わってきて、思わず笑みがこぼれちゃいましたよ。えへへ。私もひよころさんは「ほんわか」なイメージだから「くりっと」ときくとほぅ〜そのような一面のひよころさんもいるのね、と新発見。
| めぐ | 2005/05/21 12:45 AM |
わたしもひよころのあたらしいイメージを考えよう!と思ったけど、「ひよ」のあとに「ぽよ」しか出てこなかったので、「ぽよっ」で。ちょっとひねりがないね・・・「くりっと」は、ほんわかよりクリアな感じで、なんだかよいね。くりくりと幸せ、とか。
| saw | 2005/05/21 1:55 AM |
 穏やかな夫婦生活。
 日頃思考が老人化しつつある私にとっても、ほのかに憧れるものですな。
 それにしても、ひよころちゃんは、ダーリン氏ととても仲がよろしくてうらやましい。。。

 遅ればせながら、私も密かにブログをはじめてみました。
 たらたらとした文章ばっかりで、あんまり面白みがない気がするけど・・・
 ぜひ覗いてみてくださいませ☆
| printemps改めnacci | 2005/05/21 9:16 AM |
<めぐちゃん
えへへ。「くりっと」はおもしろいよね。じぶんでも、ほほう〜そんなイメージもあるのね、と新発見でごじゃったよー。

<さうさう
「ぽよっと」もよいぞ!!hidoo君、今日も、「ほんとうにくりっとしているよね」と言っていた。ぷぷう。「くりくり」というかわいい手作り雑誌もあるねえ。

<nacciちゃま
穏やかな夫婦生活、あこがれますのう。ほんわかしたい時には、庄野潤三さんの作品、おすすめよう!なかよし。
そいでそいで、ブログ!!!おめでとう!!☆☆☆やーん。
さっそく遊びにいきますですよ♪
| ひよころ | 2005/05/22 8:19 PM |










http://mamehato.jugem.cc/trackback/178
本の忘備録 休みのあくる日
庄野潤三「休みのあくる日」 家族をめぐる短編集。日常のふとした静寂な中での家族の会話、そのリズムが日活の映画を髣髴させる。その背景には雑音、例えばテレビの音、たとえば遠くから聞こえるクラクションの音、例えば驟雨、、このような類の音が一切聞こえない。そ
| Higashi Ginza Sweet Life | 2006/05/04 9:10 AM |